名刺作りソフト

名刺作りを自分でする場合、名刺ソフトが今いろいろ出ています。もちろん購入するソフトもありますが、無料でダウンロードすることのできるものもたくさん出回っています。ただし、無料のものは種類が限られてしまう物が多く、有料のものははやりそうとう価値のあるものがたくさんあるようです。

しかし、そんなにデザインに力を入れるつもりでなければ、無料ダウンロードのソフトでも十分作ることができます。メニューのとおりの操作で簡単にすぐに作れます。一度作っておくと、何度でもそれを利用でき、時間的にもアッと言う間にできてしまうので、急いでいるときなどもおすすめです。

名刺だけでなく、カードやラベルなども作ることができるので、いろいろな無料ソフトをダウンロードしてみるのもおすすめです。用紙を決めて用意しておけばすぐ作れます。インク切れなんてこともあるので、インクは予備を用意しておくといいでしょう。

デザインによっては思ったよりインクを使うこともあります。また自分で名刺を作るときにはフォントには注意をしましょう。フォント1つでイメージがまったく違ってきます。名刺は自分を表わすものでもあり、その印象はとても大切なものなのです。

しかしフォントによってガラッと印象が変わってしまいます。そのためにフォントには気を使うようにしましょう。

⇒名刺をプロに

自分でやってみる名刺づくり

名刺はビジネスの場ではもちろん、プライベートの場面でも十分に活用できるものですね。ビジネスの場合にはやはりプロの方に頼んで作ってもらうのが一番いいのかもしれませんが、プライベートで利用する場合には、自分で作ってみるのも面白いと思います。

ありがたいことに、最近は無料で利用できるソフトウェアや、いわゆるテンプレート、それに写真やイラストなどの、画像素材が沢山あります。一番いいのはどれか、というと、これは結局人それぞれになりますね。無料のソフトウェアは、ソフトウェアの操作法を覚える必要がありますが、それさえできるようになれば、専用の素材等を利用できることが多いので、大変便利だと思います。

テンプレートの場合は、一般的に利用されている文章作成ソフトで編集できることが多いので、ダウンロードして自分で加工すればわりあい簡単に出来上がります。画像素材の場合は、文章などは自分で考える必要がありますが、その分自分の感性で作れるので独創性にあふれた面白い名刺ができるのではないでしょうか。

いろいろな方法を試して、楽しい名刺作りをして見ましょう。

名刺の印刷方法いろいろ

名刺の印刷は、これまで印刷会社などに依頼していきました。名刺の台紙を印刷会社に持ち込み、印刷してもらう方法や最近ではインターネットでオリジナリティの高い名刺を作ることのできるサービスもあります。そのほかにも、じつは文書作成ソフトの中の差し込み文書作成機能を使えば、市販されている名刺作成用のラベルに簡単に独自の印刷をして作成することができます。

文書作成ソフトの中でラベル製造元を選ぶと、そのサイズに合ったひな形が表示されます。そのひな形に沿って自分の情報を入力してゆけばよいのですが、フォントのサイズを変えたり、Eメールアドレスを加えたり、写真やクリップアートを加えて手軽にオリジナルの名刺を作ったりできるところが魅力です。

ビジネス用に膨大な数の名刺を印刷するのであれば専門業者に依頼するほうが効率的ですが、それほど枚数の必要のない場合や、ビジネス以外に利用する名刺は、このような方法で自分だけの名刺を作成するのも楽しいものです。